Product Concept(プロダクトコンセプト)

グレースマリー世代の肌の基礎知識

経験を重ねた女性たちの肌事情

いきいきと自分らしく輝く女性にとって、
美しい肌を維持することは、必要不可欠。
しかし、年齢を重ねるにつれ、肌には色々な変化が起こります。

しみ、そばかす、しわ、毛穴の開き、たるみ、乾燥など、
40代のお肌には、急激な変化が・・・。
これらは、真皮機能の低下によって起こります。
真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少すると、
お肌の弾力が失われ、その結果、深いしわが出来たり、
お肌の内側からの弾力が無くなり、毛穴が開いたりします。

【図:年齢別肌悩みの割合】
【図:20代の肌】
【図:40代の肌】

女性ホルモン(エストロゲン)の働き

真皮機能の低下は、加齢による女性ホルモン(エストロゲン)の
減少が大きく関係しています。
エストロゲンが減少すると繊維芽細胞の機能が低下し(①)、
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生量が激減します(②)。
このとき、肌の「ハリ」は衰え、「うるおい」もなくなります。
ハリのない乾燥した肌は、小じわを形成します。
女性ホルモン(エストロゲン)は、40代から減少が始まります。

【図:さまざまな肌ストレス】
【図】
【図:エストロゲン分泌量】